リラックスできる自宅が欲しいなら不動産会社をチェックしよう

現在の賃貸

地方では賃料の下落傾向が進んでいるため借りやすい

価格の傾向を知っておけばより適切な時期での売買がしやすくなります。これは賃貸においても同様で、昨今は特に地方の賃貸住宅の賃料が下落傾向にあります。元々賃貸住宅はバブル期に建てられた物件が大量にあります。ピーク時には年間で80万戸が建てられた集合住宅は特に現在は賃料の下落が進んでいます。 特に地方ではその賃料の下落が著しく、空室の増加と相まってオーナーには悩ましい事態ですが、逆に借り手の側にとっては望ましい状況になっています。入居者を集めるために不動産会社が成約キャンペーンを行って、成約者に特典を付与したり、賃料が数ヶ月無料となるフリーレントの賃貸住宅が増えるなどしています。このため現在の地方での賃料下落傾向は借りる人にはチャンスともなっています。

江戸時代に都市部への人口流入を支えた賃貸住宅の歴史

国内での賃貸の始まりは、江戸時代の長屋がその端初とされており、以降は明治期の地租改正によって広く賃貸経営が行われるようになりました。 江戸幕府誕生以降、土地の売買は一部の地域を除いて禁止されており、農村部でも土地を所有してはいるものの、その売買は出来ないため、多くの農民はその地域に縛られることになりました。しかし飢饉や重税などで土地を離れて、都市に移り住む貧農の人が多く存在したのも事実です。 これら、都市に移り住んだ人の生活を住居の面で支えたのが、長屋と呼ばれる日本が持つ独特の仕組みの住居です。特に町人地の長屋は土地の売買が可能であったので、その長屋の賃貸を行っており、現代の賃貸住宅の先駆けとなりました。